脱毛で背中ニキビを改善できるの?

      2017/02/06

背中は、自分の目で確認しずらい箇所なので、ケアを怠りがちです。

気が付いたら、背中にニキビや吹き出物ができていた経験がある人は多いのではないでしょうか。

そんな気になる背中ニキビですが、背中を脱毛することで、ニキビの改善や予防につながると言われています。

どういったことなのか具体的に内容を確認してみましょう。

なぜ背中にニキビができるの?

背中にニキビができてしまう原因ですが、

  • 汗が背中に溜まりやすい!
  • 背中は洗いにくいので汚れが溜まりやすい!
  • 背中に残ったシャンプーやリンスが原因!
  • 洗いすぎによる乾燥!

などの原因があります。

一つずつチェックしてみましょう。

汗が背中に溜まりやすい!

夏場にスポーツをしていたら、背中にじっとりとした汗を感じることが多いはずです。

背中には汗が溜まりやすく、清潔でない状態を続けていると、毛穴がふさがれてしまい、ニキビができやすい状態になります。

背中は洗いにくいので汚れが溜まりやすい!

背中は確認しずらい上に、手が届かないので洗いにくく、汚れが溜まりやすい箇所です。知らないうちに、汗や汚れなどが毛穴に詰まり、ニキビができやすい状態になります。

背中に残ったシャンプーやリンスが原因!

髪を洗った時のシャンプーやリンスの洗い残しが、背中に残ることで、背中の毛穴を詰まらせたリ、シャンプーの刺激(界面活性剤やシリコンの成分など)が肌を乾燥させることで、ニキビの発生につながります。

洗いすぎによる乾燥!

お肌を清潔にすることは大事ですが、毎日キレイにゴシゴシと洗いすぎることで、肌を傷付けてしまい、潤いを失うことで乾燥肌を引き起こし、ニキビの原因となります。

背中ニキビは脱毛で改善できるの?

背中のニキビは、体毛が汗や汚れを溜まりやすくし、毛穴が炎症を起こすことで、発生しやすくなります。原因となっている体毛を脱毛すれば、毛穴が引き締まり、汗や汚れが溜まりにくくなることで、背中ニキビの改善や予防につながりやすい状態になります。

そして、脱毛エステサロンで行うフラッシュ脱毛は、毛穴に光を照射して、毛を生えてこなくさせる手法で、ニキビの原因となる雑菌の繁殖を防ぐ効果も期待できます。

背中の脱毛は自己処理よりサロンやクリニックでの脱毛がおすすめ!

背中は自分で脱毛ケアを行うのが難しい箇所です。自分で脱毛すると、肌を傷付けてしまう可能性もありますし、脱毛クリームやワックスを使用した場合、成分が背中に残ることで、背中ニキビが発生してしまう原因にもなり兼ねません。

そう考えると、脱毛は自己処理するよりも、脱毛サロンや医療クリニックで、プロの方にお任せするのが一番です。

当サイトで紹介している銀座カラーでは、背中も含まれる「新・全身脱毛コース」が、通常なら月額9,900円のところ、33%OFFの月額6,800円で受けれるキャンペーン中です。

>>スペシャルキャンペーンについてはコチラ!

サロンで背中脱毛が完了するまでの回数は?

サロンで背中脱毛が完了するまでの一般的な回数ですが、

2~6回 効果を実感し始める
6~12回 自己処理が楽になり始める
12~18回 脱毛が完了

となっています。

もちろん、個人差はありますが、おおむね上記の回数が目安となります。

1回の背中脱毛に掛かる時間ですが、施術範囲が広い分、他の箇所よりも時間が掛かります。1回20~30分ぐらいでしょうか。

※当サイトで紹介している銀座カラーでは背中脱毛を上下で分けて対応しています。

 

以上です。

誤解して欲しくないのが、あくまで目的は脱毛です。ニキビを治すために脱毛する訳ではなく、脱毛をすることで、結果的にニキビケアにつながりやすい状態になります。

サロンによっては、あまりにも肌の状態が悪いと脱毛施術を受けれないこともありますので、まずはサロンのスタッフさんに相談するようにしましょう。銀座カラーでは、ニキビのある箇所に保護シールを貼って脱毛してくれますので、施術によって状況が悪化することはありません。

脱毛で美肌になれば、ノースリーブや水着(ビキニ)、背中が空いたドレスも堂々と着れるようになりますので、個人的には背中脱毛はおすすめです。

↓銀座カラーのシチュエーション別脱毛ランキングについて、記事にしています。
>>銀座カラーのシチュエーション別脱毛パーツ人気ランキング!

>>銀座カラーの公式サイトはコチラ!

 - 脱毛について