銀座カラーの会員カードを忘れた時や紛失した時はどうなるの?

      2017/03/24

銀座カラーで契約すると、最初に会員番号が記載された会員カードを発行してもらえます。

その会員カードは、毎回受付時に会員であることを証明するために、提示が求められますし、カードには、予約の状況や施術の進行状況などが記載されているので、とても大事なカードになります。

ですが、もし会員カードを施術日に忘れてしまったり、紛失してしまったら、どうなるんでしょうか?

いざという時に、慌てずに対応できるよう、それぞれの対応方法について、まとめてみました。

施術日に会員カードを忘れてしまった!

予約の当日に会員カードを忘れてしまった場合、一番気になるのは施術を受けれるのかどうかです。

その点は安心してください。会員カードを忘れたからといって、そのまま施術が受けれずに追い返されるなんてことはありません。

ただし、施術を受けるためには、本人であることを証明する必要があります。

身分を証明する方法ですが、運転免許証・健康保険証・パスポート・住基カードの、いずれかの身分証明書を提示すれば問題ありません。ほとんどの方が運転免許証の提示になるのではないでしょうか。

銀座カラーの契約時に、記入した情報が登録されているはずなので、生年月日や電話番号などを一緒に伝えると、対応がスムーズになります。

※名前をフルネームで書いて、確認することもあるようです。

次回の予約日は、忘れないように、メモ用紙などに書いて渡してくれます。

会員カードを紛失してしまった!

会員カードを紛失してしまった場合ですが、分かった時点で、すぐに店舗のスタッフの方に伝えてください。手数料などは掛からずにカードを再発行してもらえます。

カードにクレジットの機能は付いていないので、悪用される心配はないと思いますが、念のため、すぐに連絡するようにしましょう。

会員サイトにログインする時にも、会員カードに記載されている会員番号が必要になりますので、早めに連絡した方が、余計なトラブルを防げるはずです。

2回目の会員カードの紛失は課金の対象となります!

1回目に関しては、無料で対応してもらえますが、2回目からは、課金の対象になりますので、ご注意ください。

会員カードを忘れた場合も、紛失した場合も500円の費用が掛かってしまいます。余計な支払いを増やさないようにしましょう。他サロンでも基本は対応は同じです。中にはスマホが会員カードの代わりになるサロンもあります。

 

以上です。

会員カードを忘れてしまったり、紛失した場合は、まずはスタッフの方に伝えるようにしましょう。

本人と確認できれば、施術を受けれますし、会員カードも再発行してもらえます。

ただし2回目からは、カードの再発行に500円の費用が掛かりますので、注意が必要です。

コールセンター:0120-360-286
お問い合わせフォームはコチラ

>>銀座カラーの公式サイトはコチラ!

 - 銀座カラーについて