銀座カラーは生理中でも施術を受けれるの?

      2017/02/05

施術当日に生理と重なってしまうことは、十分に有り得ます。

残念ながら、ほとんどの脱毛エステサロンでは、生理になってしまうと施術を受けれなくなりますが、銀座カラーでは、脱毛箇所によっては、施術を受けることが可能です。

そこで、銀座カラーの生理中の対応方法について確認しておきましょう。

生理中でも施術が可能な箇所は?

生理中に施術が受けれる箇所ですが、基本は「VIO」や「ヒップ」以外の部位は、施術が受けれます。受けれなかった箇所は別の日に対応してもらえますので、安心してください。

※Vライン(上部・サイド・iライン)・ヒップ・ヒップ奥の施術は受けれません。

ただし注意点として、必ず来店する前に生理中であることを伝えておく必要があります。何も伝えずに来店すると別日に対応してもらえず、1回分消化扱いになることもあるので、ご注意ください。

コールセンター:0120-360-286
お問い合わせフォームはコチラ

他サロンの生理中の施術対応!

他サロンの生理中の施術対応をチェックしてみましょう。サロンによって対応が異なりますので、事前に確認しておくようにしましょう。

銀座カラー(ginza-calla) デリケートゾーン以外なら施術が可能です。
エピレ(epiler by エステティックTBC) デリケートゾーン以外なら施術が可能です。
ミュゼプラチナム(musee platinum) デリケートゾーン以外なら施術が可能です。
キレイモ 全ての部位の施術は受けれません。
シースリー(C3) 全ての部位の施術は受けれません。
脱毛ラボ(datsumo-labo) 生理日だけでなく、生理の前後3日間は全ての部位の施術は受けれません。
ラヴォーグ(La Vogue) 全ての部位の施術は受けれません。
エタラビ(Eternal labyrinth) 全ての部位の施術は受けれません。

※医療クリニックは、VIO以外の脱毛なら、ほぼ対応してくれます。

施術を受けているコースによっても対応が変わります!

生理中は、定番セットの「VIOコース」の対応が変わりますので、内容をチェックしてみましょう。

VIOセットコース!

VIOセットコースの場合、生理になったら施術は受けれません。

予約をキャンセルするしかないので、予約の前日19:00までに、連絡するようにしましょう。19:00を過ぎてしまうと、施術回数の消化、もしくはキャンセル料が発生してしまいます。

↓遅刻やキャンセルについて、記事にしています。
>>銀座カラーで遅刻やキャンセルをした場合どうなるの?

VIOセットコース+他のコース!

VIOセットコース以外に、別のコースも受けている場合ですが、「VIO」と「ヒップ」以外は、普通に施術を受けれます。

事前に生理中であることを店舗に連絡していれば、処理を受けれなかった箇所に関しては、別日で設定してもらえます。

VIO以外のコース!

「VIO」や「ヒップ」を含まなければ、脇や顔などの部位は、普通に施術を受けれます。

生理後、いつから施術できるの?

生理が終わっても、すぐにはデリケートゾーンの施術を受けれません。

なぜなら、生理前後はホルモンバランスが乱れた状態だからです。そんな状態で施術をしても脱毛効果が得られない可能性が高いです。

実際に施術を受けれるのは、ホルモンバランスが安定する約1週間後ぐらいが目安です。安定している分、脱毛効果が出やすいので、施術にオススメの時期です。

サロンのスタッフさんに、再開するタイミングを質問してみるのも良いかもしれません。

どんな格好で生理中は施術するの?

通常、デリケートゾーンの施術をする時は、使い捨ての紙ショーツに着替えますが、生理中は、ご自身のショーツのままで施術を受けます。

つまり、他の脱毛箇所を施術するために、専用のワンピースに着替えるだけです。ワンピースに着替えるので、来店時は、いつも通りの服装で大丈夫です。

薬を飲んでいたら施術は受けれません!

普段、生理痛を抑えるために薬を飲んでおられる方は、ご注意ください。銀座カラーでは、薬を飲んでいる時点で施術は受けれません。

理由としては、薬を飲んだ状態で施術を受けると、何らかの副作用が起こる危険性があるからです。もし、薬を飲んでいることを内緒にして、施術を受け、何かが起こってもサロン側は、一切責任を取ってくれません。

 

以上です。

生理になってしまった時には、まずは店舗に連絡してください。体調に問題がなければ、そのまま「VIO」や「ヒップ」以外の部位を施術してもらえます。別日に受けれなかった箇所の施術も受けれますので、スタッフさんと相談し、日程を調整してください。

私の個人的な感想ですが、「VIO」や「ヒップ」以外の施術が可能でも、生理中の脱毛はオススメできません。

生理中は、肌が敏感になり、痛みを感じやすくなりますし、ホルモンバランスの乱れから、肌トラブルを起こすリスクも高まるので、生理が終わってからの施術をオススメします。

※他にも、脱毛によるストレスでの生理不順や、脱毛マシンやベッドに経血が付着して、衛生面でも良くありません。

↓銀座カラーの妊娠中の対応について、記事にしています。
>>銀座カラーは妊娠中でも施術を受けれるの?

>>銀座カラーの公式サイトはコチラ!

 - 銀座カラーについて