銀座カラーのシチュエーション別脱毛パーツ人気ランキング!

      2017/01/30

銀座カラーでは、脱毛施術に通っている会員さんに、女性が気になる脱毛パーツや、人気の脱毛パーツを聞き取り、シチュエーション別にランキング化しています。

それぞれの人気ランキングのトップ10をチェックしてみましょう。

ランキングをチェックすることで、他の女性が、どういったシチュエーションで、どの脱毛箇所を気にするのか、よく分かりますよ。

夏に浴衣を着るシチュエーションで気になるパーツ!

浴衣を着ると、やはり「えり足・うなじ」と「背中(上)」が気になります。

浴衣を着る時は、ヘアスタイルをアップにする女性が多いです。ですが、髪をアップにするということは、うなじと背中の上が目立ってしまうので、念入りにケアしておく必要があります。

他にも、浴衣の時は、素足で下駄を履くので、両足の甲や指が気になる女性も多いです。意外と忘れがちなので、ご注意ください。

せっかく可愛い浴衣を着ていても、うなじや背中、足の指や甲から、毛がはみ出していたら、全てが台無しです。良い夏の思い出を作るために、しっかり脱毛し、浴衣美人を目指しましょう。

1位.えり足・うなじ
2位.背中(上)3位.両足の甲・指
4位.もみあげ
5位.両手の甲・指
6位.鼻下
7位.口下(あご)
8位.顔(鼻下除く)
9位.両ひざ下
10位.胸

リゾート地へ海外旅行に行った時に気になるパーツ!

リゾート地へ海外旅行に行くと、必ず海で泳ぐはずです。開放的になるので、いつもより露出が多めの水着を着たりしますよね。そんな時に気を付けなければならないパーツは「Vライン(サイド)」です。

普段は、人に見られる可能性が少ない部分なだけに、いつも以上にムダ毛が気になってしまう人が多いです。

他にも「両ひざ下」「両ヒジ下」「へそ周り」「背中(上)」など、水着を着た時に見える部分がランクインしています。キレイに水着を着こなすために、しっかりとケアしておきましょう。

1位.Vライン(サイド)
2位.両ひざ下
3位.両ヒジ下
4位.へそ周り
5位.背中(上)
6位.ヒップ奥(Oライン)
7位.両ひざ
8位.両ヒジ上
9位.Vライン(上部)
10位.Vライン(Iライン)

肌を見せる機会が多くなる夏場に気になるパーツ!

夏場は、ノースリーブやワンピースなど、肌が見える薄手の服を着る機会が多くなります。他にも通勤や通学の電車やバスのつり革を持つ時など、人にワキを見られてしまうケースがたくさんあります。

そんな時に一番気になるのが、ワキのムダ毛です。恥ずかしい思いをしないように、しっかりとケアしておきましょう。

ワキ以外には、「背中(上)」や「腰」などがランクインしています。浴衣になった時や、水着を着た時に気になる箇所ですね。

1位.両ワキ
2位.背中(上)
3位.腰
4位.両足の甲・指
5位.両ひざ下
6位.へそ周り
7位.背中(下)
8位.両ひざ
9位.へそ下
10位.両ひざ下

シチュエーションに関係なく常にキレイでいたい人が気になるパーツ!

シチュエーションなどに関係なく、常にキレイにしておきたい美意識の高い人が気になるパーツのランキング1位が「乳輪周り」です。次に「Vライン(Iライン)」「Vライン(サイド)」とデリケートゾーンが続いています。

美意識の高い人ほど、あまり人に見せない部分にも、ストイックになるものです。そこまで手入れが行き届いていれば、自分の身体にも自信が持てるようになりますね。

1位.乳輪周り
2位.Vライン(Iライン
3位.Vライン(サイド)
4位.ヒップ(お尻)
5位.腰
6位.Vライン(上部)
7位.へそ下
8位.ヒップ奥(Oライン)
9位.胸
10位.お腹

新しく服を買った時に気になるパーツ!

女性なら、好きな服をキレイに着こなしたいと思うものです。ただし、好きな服を着こなすためには、肌が見える可能性がある箇所は常にケアしておく必要があります。

ランキングをチェックすると、1位~5位の「両ひざ下」「両ひざ上」「両ワキ」「えり足・うなじ」「背中(上)」に関しては、好きな服を着こなすために、最低限ケアしておくべきパーツであることが分かります。

1位.両ひざ下
2位.両ひざ上
3位.両ワキ
4位.えり足・うなじ
5位.背中(上)
6位.へそ周り
7位.両手の甲・指
8位.胸
9位.お腹
10位.へそ下

初告白のシチュエーションで気になるパーツ!

気になる人がいて、初告白をするシチュエーションで気になるパーツの1位は「顔」です。お互い顔を見て話すので特にケアが必要です。鼻下や口下に産毛が生えていたら、ロマンチックなシーンも台無しで、成功するものも失敗します。

大事なシーンの前には、顔のケアはしっかりとしておきましょう。化粧ノリも良くなりますよ。

1位.顔(鼻下除く)
2位.鼻下
3位.口下(あご)
4位.両手の甲・指
5位.両ヒジ上
6位.両ひざ上
7位.両ワキ
8位.両ひざ
9位.両ヒジ下
10位.もみあげ

ジムでのトレーニング時に気になるパーツ!

スタイリッシュなウェアでトレーニングする時に気になる1位は「両ワキ」です。トレーニング中は汗をかくので、薄着になる機会が多いです。

基本的に周りの人は、トレーニングに集中していますが、隣の女性のワキからムダ毛がはみ出ていたら、ドン引きしてしまいます。トレーニングだからといって、気を抜かずに、しっかりとケアするようにしてください。

1位.両ワキ
2位.両ヒジ下
3位.両ヒジ上
4位.両ひざ下
5位.両ひざ上
6位.両ひざ
7位.えり足・うなじ
8位.背中(上)
9位.顔(鼻下除く)
10位.もみあげ

他人の一言がきっかけで気になるパーツ!

鏡を見た時に気になったり、他人のふとした一言がきっかけで、気になったパーツの1位は「顔」です。

話をする時に、お互いに顔を見て話をするので、鼻下や口下から産毛が生えていたら、伝えてあげた方がいいのか、すごく困ってしまいますよね。周りに変に気を使わせないように、顔はしっかりとケアしておきましょう。

他に、よく人に見られる部分として、両手の甲や指などがあります。ふと手を伸ばした時に、甲や指からムダ毛が生えていたら、恥ずかしい思いをしますよ。

1位.顔(鼻下除く)
2位.鼻下
3位.口下(あご)
4位.両手の甲・指
5位.えり足・うなじ
6位.もみあげ
7位.お腹
8位.へそ周り
9位.両ヒジ下
10位.両足の甲・指

同性に見られて気になるパーツ!

意外と異性に見られるより、同性に見られる方が気になったりするものです。普段、見られることのない「Vライン」や「乳輪周り」「へそ下」「へそ周り」などが、上位にランクインしています。

しっかりとケアしている人を見ると、デキる女性に見えますし、ケアできていない自分が恥ずかしく感じます。同性に見られても、恥ずかしくないように、しっかりとケアしておきましょう。

1位.Vライン(上部)
2位.乳輪周り
3位.へそ下
4位.へそ周り
5位.ヒップ(お尻)
6位.背中(下)
7位.背中(上)
8位.Vライン(サイド)
9位.お腹
10位.両ひざ

恋人ができた時に気になるパーツ!

恋人ができた時に気になるパーツは、1位~3位まで「顔」の部分が集中しています。顔を近づけて、話をしても大丈夫なように、産毛などのケアは十分に行っておきましょう。

顔を脱毛すると、顔色が明るくなって、美人度もアップしますし、化粧ノリもよくなります。顔脱毛をして、損はないですよ。

1位.鼻下
2位.顔(鼻下除く)
3位.口下(あご)
4位.もみあげ
5位.両ひざ
6位.背中(上)
7位.両ひざ上
8位.えり足・うなじ
9位.両ひざ下
10位.両足の甲・指

パーティードレスを着た時に気になるパーツ!

パーティードレスは、背中が開いたデザインのものが多いので、1位は「背中(上)」となっています。続くのが「えり足・うなじ」です。ドレスを着ている時は、髪のアップにする女性が多いので、「えり足・うなじ」も気を付けなければならない部分です。

ドレスを着ると、特に男性からの注目が集まるので、目に見える部分だけでなく、ドレスから除く部分も、念入りにケアしておきましょう。

1位.背中(上)
2位.えり足・うなじ
3位.両ヒジ下
4位.両ひざ下
5位.両ひざ
6位.両ヒジ上
7位.胸
8位.両足の甲・指
9位.もみあげ
10位.口下(あご)

実はこっそり脱毛に悩んでいるパーツ!

実は、こっそりと脱毛に悩んでいるパーツの1位が「ヒップ奥(Oライン)」です。人には聞きにくい部分ですし、脱毛するのにも恥ずかしさを感じてしまいます。ですが、意外と簡単に脱毛できますので、気になっている人は思い切って挑戦してみましょう。

終わってみれば、時間も短く、恥ずかしさも軽減されますよ。

1位.ヒップ奥(Oライン)
2位.Vライン(サイド)
3位.Vライン(上部)
4位.腰
5位.へそ下
6位.乳輪周り
7位.胸
8位.ヒップ(お尻)
9位.Vライン(Iライン)
10位.背中(下)

 

以上です。

シチュエーション別のランキングをご紹介しました。どのシチュエーションも、身近で起こり得るものばかりです。

それぞれのシチュエーションを見直してみて、ご自身のケアが不十分だと感じるようなら、恥ずかしい思いをしないうちに、しっかりとケアしておきましょう。

↓脱毛を始めるきっかけについて、個別に記事にしています。
>>脱毛を始めるきっかけとは?

現在、銀座カラーでは、全コースが33%OFFのキャンペーン中です。少しでも費用を抑えられる、この機会をお見逃し無いようにしてください。

>>銀座カラーの公式サイトはコチラ!

 - 銀座カラーについて